官報 カテゴリー
ブックフェア
政府刊行物・一般
  地方自治・公務員(国家・地方)
  労務管理・安全衛生・人事
  マスコミ・文化
  教育・歴史
  消防・警察・防衛
  国土・交通・観光
  農林・水産・食品関係
  教養・一般
  社会・生活・消費
  化学
  環境・エネルギー・災害
  科学技術・特許関係・著作関係
  IT・システム開発・コンピュータ
  保険関係(年金・社会保険等)
  法律・法律解説
    税理士・税法関係
    弁護士・司法書士・行政書士・裁判所
    弁理士関係
    新・会社法
    個人情報保護関係・GDPR・マイナンバー
    憲法関係
    刑法・刑事手続・刑事訴訟関係
    交通事故関連
    破産・再生・免責
    相続・遺言・成年後見関係
    出入国・難民認定
    債権法関係
    民法・民事法・民事訴訟法
    ハラスメント・虐待・DV・ストーカー
    空き家問題・賃貸住宅トラブル
    労働関係・労災
    ペット問題
    婚姻・離婚問題
    所有者・所有権関係
    生活・消費
    民泊(住宅宿泊事業法)
    土地・境界線関係
    組織犯罪
    SNS関係・ネット関係・
  経営・ビジネス・契約・登記関係
  産業・流通・物流
  金融・証券
  税金・会計・不動産関係
  政治・選挙・経済
  国際関係・海外事情
  福祉・厚生・健康・医療・保育
  輸出・輸入・貿易
  皇族関係
  語学関係
白書・青書
六法・法令集
統計・調査報告
各種職員録・名簿
建築・土木・設備関連
各種試験・資格・テキスト
CD-ROM・DVD・その他
年間購読誌
グッズ/その他商品
海図・航空図・関連書籍
手帳・家計簿
かんぽうの書籍
官報 カテゴリー
官報 今月の新刊
JAPAN COMPANY HANDBOOK SUMMER ...

新刊をもっと見る
官報 今月の新刊 かんぽう ランキング
1法律事務職員基本研修テキスト下 第2版
2量刑調査報告集V
3法律事務職員基本研修テキスト上 第2版
4はい6民です お答えします(倒産実務Q&A)第2版
5月刊 建設物価 2021年4月号(バックナンバー/お取り寄せ...
6改訂36版 東京都建築安全条例とその解説
7クレジット・サラ金処理の手引 6訂版
8ポケット六法 令和3年版(2021)
9弁護士・法務担当者のための不動産・建設取引の法律実務
10社長の賢い節税
11統治構造において司法権が果たすべき役割 第2部 判例時報24...
12月刊 積算資料 2021年6月号(バックナンバー)
13農地法読本 六訂版
14警察官のための充実・犯罪事実記載例-刑法犯- 解説・判例付き...
15東京証券取引所会社情報適時開示ガイドブック 2020年11月...
かんぽう ランキング
2021年7月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

の日は定休日です。

ホーム » 政府刊行物・一般 » 法律・法律解説 » 建築物等の解体等に係る石綿ばく露防止及び石綿飛散漏えい防止対策徹底マニュアル

建築物等の解体等に係る石綿ばく露防止及び石綿飛散漏えい防止対策徹底マニュアル

商品番号:9784324110102

建築物等の解体等に係る石綿ばく露防止及び石綿飛散漏えい防止対策徹底マニュアル

発行:ぎょうせい 編集:ぎょうせい
建築物等の解体等に係る石綿ばく露防止及び石綿飛散漏えい防止対策徹底マニュアル
発行年月日:2021/05/10

ISBN:978-4-324-11010-2

販売価格: 4,950円(税込)
個数:    

 

 

 お問い合わせ

令和3年3月に厚生労働省・環境省から公表された 建設・解体工事等実務者必携のマニュアル!


★なぜ今、石綿(アスベスト)マニュアルが作成されたのか?
20世紀に建てられたアスベスト含有建築物の解体が進む中で、建築物解体時に作業者の健康被害発生を防ぐことと周辺環境への影響を抑えるための指針を示す必要が出てきたため。

本書のマニュアルは、作業者、周辺住民の命を守るために自治体・事業者確認必須!


【マニュアルの内容】
◆石綿に関する基礎知識・関係法令・用語の定義だけでなく、建築物等の解体における飛散防止対策について、大気汚染防止法・石綿障害予防規則両面の改正内容を反映!

◆事前調査の方法や具体的な防止手法や注意が必要な工事事例、作業の順序等が不適切で合ったと考えられる事例なども紹介しているので、実際に作業を行う際に注意しなければならないポイントがわかります。

◆資料として、大気汚染防止法・石綿障害予防規則の対照表を掲載しているので、業務の際に押さえておくべき規定の内容が一目でわかります。