官報 カテゴリー
ブックフェア
政府刊行物・一般
  地方自治・公務員(国家・地方)
  労務管理・安全衛生・人事
  マスコミ・文化
  教育・歴史
  消防・警察・防衛
  国土・交通・観光
  農林・水産・食品関係
  教養・一般
  社会・生活・消費
  化学
  環境・エネルギー・災害
  科学技術・特許関係・著作関係
  IT・システム開発・コンピュータ
  保険関係(年金・社会保険等)
  法律・法律解説
  経営・ビジネス・契約・登記関係
  産業・流通・物流
  金融・証券
  税金・会計・不動産関係
  政治・選挙・経済
  国際関係・海外事情
  福祉・厚生・健康・医療・保育
  輸出・輸入・貿易
  皇族関係
  語学関係
白書・青書
六法・法令集
統計・調査報告
各種職員録・名簿
建築・土木・設備関連
各種試験・資格・テキスト
CD-ROM・DVD・その他
年間購読誌
グッズ/その他商品
海図・航空図・関連書籍
手帳・家計簿
かんぽうの書籍
官報 カテゴリー
官報 今月の新刊
ラストキャリアデザインを考える

新刊をもっと見る
官報 今月の新刊 かんぽう ランキング
1公共建築工事積算基準 令和3年版
2市街地価格指数 全国木造建築費指数 2021年3月末現在
3くらしの豆知識 2022
4超早わかり「標準算定表」だけでは導けない婚姻費用・養育費等計...
5公立病院経営ハンドブック 令和3年度版
6社会保険六法 医療保険編・年金保険編 令和3年度版(5分冊・...
7公的年金給付の総解説 2021年
8年金生活者支援給付金の解説 第3版(令和3年8月版)
9民事訴訟における事実認定-契約分野別研究(製作及び開発に関す...
10法律事務職員応用研修テキスト3 自己破産手続・個人再生手続
11法律事務職員応用研修テキスト6 登記、供託、担保取消 第2版
12介護報酬の解釈 2 指定基準編 令和3年4月版
13図解 スタートアップ企業の経理入門
14【予約受付中】遺産分割の理論と審理 三訂版
15演習財務諸表作成の基礎 第2版
かんぽう ランキング
2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

の日は定休日です。

ホーム » 政府刊行物・一般 » 金融・証券 » 21世紀の資本

21世紀の資本

商品番号:3010135141

21世紀の資本

発行:みすず書房 著者:トマ・ピケティ 訳者:山形浩生、守岡桜、森本正史 
21世紀の資本
発行年月日:2014/12/08

ISBN:978-4-622-07876-0

販売価格: 6,050円(税込)
個数:    

 

 

 お問い合わせ

経済的格差は長期的にどのように変化してきたのか? 資本の蓄積と分配は何によって決定づけられているのか? 所得の分配と経済成長は、今後どうなるの か? 決定的に重要なこれらの諸問題を、18世紀にまでさかのぼる詳細なデータと、明晰な理論によって解き明かす。格差についての議論に大変革をもたらし つつある、世界的ベストセラー。

「本年で、いや、この10年で、最も重要な経済学書になると言っても過言ではない」
ポール・クルーグマン(プリンストン大学教授)

「地球規模の経済的、社会的変化を扱った画期的著作だ」
エマニュエル・トッド(フランス国立人口統計学研究所)

「時宜にかなった重要書だ」
ジョセフ・スティグリッツ(コロンビア大学教授)

「かれの解決策に賛成するにせよ、しないにせよ、資本主義を資本主義から救おうとする人たちにとって正真正銘の課題だ」
ダニ・ロドリック(プリンストン高等研究所教授)

「この事実の確立は、政治的議論を変化させる、ノーベル賞級の貢献だ」
ローレンス・サマーズ(ハーヴァード大学教授)

「かれの研究が、スマートな人たちを富と所得格差の研究に惹きつけることを望む」
ビル・ゲイツ

「情報の豊かさがすばらしい」
ロバート・シラー(イェール大学教授)

本文より
「本書の答えは、これまでの研究者が使えたものよりもはるかに広範な、長期的で比較可能なデータに基づいた答えとなっている…格差の根底にある仕組みについて、もっと深い理解を与えてくれるような、新しい理論的な枠組みに基づいたものでもある」
「1970年代以来、所得格差は富裕国で大幅に増大した。特にこれは米国に顕著だった。米国では、2000年代における所得の集中は、1910年代の水準に戻ってしまった――それどころか、少し上回るほどになっている」
「私の理論における格差拡大の主要な力は、市場の不完全性とは何ら関係ない…その正反対だ。資本市場が完全になればなるほど、資本収益率 r が経済成長率 g を上回る可能性も高まる」
「格差の問題を経済分析の核心に戻して、19世紀に提起された問題を考え始める時期はとうに来ているのだ」
「あらゆる市民たちは、お金やその計測、それを取り巻く事実とその歴史に、真剣な興味を抱くべきだと思える…数字との取り組みを拒絶したところで、それが最も恵まれない人の利益にかなうことなど、まずあり得ないのだ」