官報 カテゴリー
ブックフェア
政府刊行物・一般
  地方自治・公務員(国家・地方)
  労務管理・安全衛生・人事
  マスコミ・文化
  教育・歴史
  消防・警察・防衛
  国土・交通・観光
  農林・水産・食品関係
  教養・一般
  社会・生活・消費
  化学
  環境・エネルギー・災害
  科学技術・特許関係・著作関係
  IT・システム開発・コンピュータ
  保険関係(年金・社会保険等)
  法律・法律解説
  経営・ビジネス・契約・登記関係
  産業・流通・物流
  金融・証券
  税金・会計・不動産関係
  政治・選挙・経済
  国際関係・海外事情
  福祉・厚生・健康・医療・保育
  輸出・輸入・貿易
  皇族関係
  語学関係
白書・青書
六法・法令集
統計・調査報告
各種職員録・名簿
建築・土木・設備関連
各種試験・資格・テキスト
CD-ROM・DVD・その他
年間購読誌
グッズ/その他商品
海図・航空図・関連書籍
手帳・家計簿
かんぽうの書籍
官報 カテゴリー
官報 今月の新刊官報 今月の新刊 かんぽう ランキング
1橋梁架設工事の積算 令和4年度版(橋梁補修補強工事積算の手引...
2月刊 建設物価 2022年7月号
3季刊 建築コスト情報 2022年4月春号(バックナンバー/お...
4電気設備工事積算実務マニュアル 令和4年度版
5月刊 積算資料 2022年7月号
6公共建築工事標準仕様書 (電気設備工事編) 令和4年版
7季刊 建築施工単価 2022年7月夏号
8公共建築設備工事標準図(電気設備工事編)令和4年版
9季刊 建築コスト情報 2022年7月夏号
10公共建築改修工事標準仕様書(電気設備工事編) 令和4年版
11月刊 積算資料 2022年5月号(バックナンバー/お取り寄せ...
12積算ポケット手帳 設備編2022-23
13季刊 土木施工単価 2022年7月夏号
14建築物解体工事共通仕様書(平成31年版)・同解説 令和2年版
15公共建築工事積算基準 令和3年版
かんぽう ランキング
2022年6月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

の日は定休日です。

ホーム » 政府刊行物・一般 » IT・システム開発・コンピュータ » 一般診断法による診断プログラム Wee2012(Win10) Ver2.0.0

一般診断法による診断プログラム Wee2012(Win10) Ver2.0.0

商品番号:9910000005036

一般診断法による診断プログラム Wee2012(Win10) Ver2.0.0

発行:日本建築防災協会/国土交通大臣指定耐震改修支援センター
一般診断法による診断プログラム Wee2012(Win10) Ver2.0.0
発行年月日:2021/05/17


2021年バージョンアップ版!!Windows10・精算法対応

ISBN:9910000005036

販売価格: 13,200円(税込)
個数:    

 

 

 お問い合わせ

●「2012年改訂版木造住宅の耐震診断と補強方法」による一般診断法の診断プログラムの2021年バージョンアップ版

対応OS:
Windows10、Windows8.1


内容 :
一般診断法による診断表の手計算部分が、コンピュータ・プログラムにより操作でき、自動計算され、出力形式が、診断表と同様の形式で出力できるよう作成されています。また、部分的な壁補強等による耐震補強計画の確認が行えるよう作成されています。

2021バージョンアップ版「一般診断法による診断プログラムWee2012(Win10)」では、Windows10に対応する変更と、必要耐力の算出方法として従前より採用していた「表3.1 床面積あたりの必要耐力(kN/m2)(診断基準p.26、以下、「表3.1」という。)」に各階の必要耐力算出用床面積を乗じて求める方法に加え、「<参考>各階の床面積を考慮した必要耐力の算出法【精算法】(診断基準p.28,29、以下、「精算法」という。)」を追加したことが大きな変更点となっています。

なお、精算法による必要耐力の計算を選択した場合には、耐力要素の配置等による低減係数に、四分割法を応用した方法ではなく、偏心率計算により低減係数を求める方法が自動的に適用されます。

耐震診断を行う際は、「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」(平成24年6月、一般財団法人日本建築防災協会発行)の一般診断法の考え方や、算出する数字の意味を良く理解いただいた上でご使用ください。
また、耐震診断法について、良くある質問・回答集(http://www.kenchiku-bosai.or.jp/files/2015/03/2012wqa1.pdf)が日本建築防災協会様ホームページに掲載されておりますので、ご参考にして下さい。