ホーム » ブックフェア » AI・ICT・IoT » 最新事例でみる発信者情報開示の可否判断

最新事例でみる発信者情報開示の可否判断

商品番号:9784788291058

最新事例でみる発信者情報開示の可否判断

発行:新日本法規出版 著:清水陽平(弁護士)、櫻町直樹(弁護士)、最所義一(弁護士)、中澤佑一(弁護士)、船越雄一(弁護士)
最新事例でみる発信者情報開示の可否判断
発行年月日:2022/11/21

ISBN:978-4-7882-9105-8

販売価格: 4,950円(税込)
個数:    

 

 

 お問い合わせ

改正プロバイダ責任制限法対応!
社会問題化するネット誹謗中傷問題に取り組む実務家必携の一書!

◆プロバイダ責任制限法の改正ポイントをQ&A形式で解説した上で、発信者情報開示請求において問題となる権利侵害の明白性について、権利侵害の類型ごとに判例を整理して解説しています。
◆インターネット法務の第一線で活躍する弁護士が、豊富な知見を活かし共同で執筆しています。