ホーム » 六法・法令集 » 行政・自治 » 改訂36版 東京都建築安全条例とその解説

改訂36版 東京都建築安全条例とその解説

商品番号:9784885660368

改訂36版 東京都建築安全条例とその解説

発行:東京建築士会 
改訂36版 東京都建築安全条例とその解説
発行年月日:2020/12/21

ISBN:9784885660368

販売価格: 6,600円(税込)
個数:    

 

 

 お問い合わせ

●東京都建築安全条例とその解説
●高齢者、障碍者等が利用しやすい建築物の整備に関する条例とその解説
●東京都日影規制条例とその解説
●東京都建築紛争予防条例とその解説
 参考-東京都特別工業地区建築条例
●東京都文教地区建築条例とその解説
●東京都駐車場条例(抄)とその解説
 参考-東京都集合住宅駐車施設附置要綱


東京都建築安全条例は、昭和二十五年に制定されて、七十年目を迎えました。
この間にいくたびかの建築基準法関係規定の改正及び様々な事件事故若しくは社会経済情勢に対応して改正を行ってきました。
平成三十年六月の建築基準法の改正では、建築物・市街地の安全性の確保、既存建築ストックの活用、木造建築を巡る多様なニーズへの対応といった必要性から、様々な条文の見直しが行われました。特に、法第二十七条、
六十一条を含む主要構造部規制は本条例において関連する条文も多く、その後の施行令改正も踏まえて令和元年十二月には本条例の改正が行われました。この三十六版にはこれらの改正内容が掲載されております。
また、このほかの条例や規則についても三十五版以降の改正内容を踏まえて内容を整理しました。
建築計画、設計等に関わる皆様には、本書を活用の上、誰もが安全で快適に暮らせる建築物の実現に!!

最終改正:令和元年十二月二十五日東京都条例第八十号