官報 カテゴリー
ブックフェア
政府刊行物・一般
白書・青書
六法・法令集
統計・調査報告
各種職員録・名簿
建築・土木・設備関連
  雑誌(建設物価・積算資料・新建築ほか)
  建設・建築関係の法律
  公共建築協会・公共工事
  各種仕様書・標準図・指針等
  建設関連書籍
  建築関係
  機械設備関係
  電気設備関係・通信設備関係
  土木・道路・水道関係
  港湾・海岸・岸壁関係
  デザイン・建築家
  共同企業体関係(JV)
  積算・損料・歩掛関係
  住宅関係
  構造・設計・耐震関係
  災害対策関係(防災・復旧など)
  昇降機関係
各種試験・資格・テキスト
CD-ROM・DVD・その他
年間購読誌
グッズ/その他商品
海図・航空図・関連書籍
手帳・家計簿
かんぽうの書籍
官報 カテゴリー
官報 今月の新刊
【予約受付中】建築設備関係法令集 令和4年版

新刊をもっと見る
官報 今月の新刊 かんぽう ランキング
1建築知識 2021年12月号(バックナンバー/お取り寄せ対応...
2建築設備設計基準 令和3年版
3積算資料 推進工事用機械器具等基礎価格表 2021年度版
4建設機械等損料表 令和3年度版
5公共建築工事標準仕様書(機械設備工事編) 平成31年版
6公共建築設備工事標準図(機械設備工事編)平成31年版
7【予約受付中】建築申請memo 2022
8官庁施設の総合耐震・対津波計画基準の同解説 令和3年版
9建築設備工事設計図書作成基準及び参考資料 令和3年版
102021年度版 『建設物価』推進工事用機械器具等基礎価格表
11建築工事共通仕様書 2021年度版
12建設工事標準歩掛 改訂58版
13建築工事監理指針 上巻 令和元年版
14建築工事監理指針 下巻 令和元年版
15公共建築工事標準仕様書 (電気設備工事編) 平成31年版
かんぽう ランキング
2022年1月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

の日は定休日です。

ホーム » 建築・土木・設備関連 » 各種仕様書・標準図・指針等 » CADデータ付き 国土交通省建築工事標準詳細図 平成22年版

CADデータ付き 国土交通省建築工事標準詳細図 平成22年版

商品番号:3010114467

CADデータ付き 国土交通省建築工事標準詳細図 平成22年版

発行:エクスナレッジ データ製作・著:株式会社シェルパ

CADデータ付き 国土交通省建築工事標準詳細図 平成22年版
誠に申し訳ありません。 こちらの商品は現在入手が不可能です。

発行年月日:2011/10/31
全詳細図データ収録!

ISBN:978-4-7678-1210-6

販売価格: 8,800円(税込)

 お問い合わせ

本書は公共建築協会が発行している「建築工事標準詳細図 平成22年版」に掲載されている図面を
CADデータ化し、さらに3次元CADでモデル化したデータを収録したCADデータ集です。
CADデータ政策に当たっては、なるべく多くのCADで利用しやすいように、図面データについては、
Jw_cad用のJWW形式、AutCAD用のDWC形式のほか、幅広いCADで利用できるDXF形式の
データが収録されています。
また、各ファイル形式ごとに、レイヤ分けや線色や線幅などの設定が工夫されています。
本書の最大の特徴である3次元モデルデータは、自由な角度から眺めたり、必要であれば切断して
断面を表示するなどして、見たい場所を見たい形で見ることができます。
図面と併せて見ることで、納まりの経常を理解する大きな助けとなります。
3次元モデルデータは、ArchiCAD用のPLN形式で製作されています。
さらに、幅広い3次元CADで利用できるIFC形式も収録されています。
また、一部ですが無償のPDF閲覧ソフトAdove Readerで閲覧できる3D PDFデータも収録され
ています。

データはすべて、本書裏表紙にとじ込まれた、CD-ROMとDVD-ROM各1枚に収録されています。
JWW形式、DWG形式、DXF形式の図面データは、Disc1のCD-ROMに、PLN形式、IFC形式、
PDF形式の3次元も出るデータは、Disc2のDVD-ROMに収録されています。

収録図面データと3次元も出るデータの分類方法はすべて、「建築工事標準詳細図 平成22年版」に
したがっており、同書で付けられている図面番号が各データのファイル名になっています。


※建築工事標準詳細図について

建築工事標準詳細図は、官庁施設のうち庁舎およびその附帯施設(以下、「庁舎など」)の建築設計と
外部環境設計に適用されます。
これらの設計において、使用頻度の高い詳細を標準化することで、設計の質の確保、能率の向上、寸
法の統一を図り、積算、施工などの業務の簡略化を目的として策定されたものです。
「建築工事標準詳細図 平成22年版」は、それらをわかりやすく編集し、さらに、各詳細の適用に当た
っての参考として、設計注意事項を追加した出版物です。