ホーム » 統計・調査報告 » 第10回 21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)令和2年

第10回 21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)令和2年

商品番号:9784875118558

第10回 21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)令和2年

発行:厚生労働統計協会 編集:厚生労働省政策統括官(統計・情報政策、労使関係担当)
第10回 21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)令和2年
発行年月日:2021/11/22

ISBN:9784875118558

販売価格: 7,150円(税込)
個数:    

 

 

 お問い合わせ

令和2年5月に実施された「第10回21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)」の結果が取りまとめられたもの。
 
「21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)」は、21世紀の初年である平成13年に出生した子の実態及び経年変化の状況を継続的に観察している調査との比較対照等を行うことにより、少子化対策等厚生同労行政の様々な施策に役立てることを目的として平成22年度から実施されております。
 
この調査は、従来から行われてきた横断調査(毎回調査客体を変え、調査時点の実態を明らかにする調査手法)と異なり、同一調査客体を継続的に調査し、その実態や意識の変化、行動変化を把握し、詳細な分析を行う「縦断調査」という調査手法により実施されております。