ホーム » 政府刊行物・一般 » 裁判例からみる加算税

裁判例からみる加算税

商品番号:9784754730758

裁判例からみる加算税

発行:大蔵財務協会 著:酒井克彦
裁判例からみる加算税
発行年月日:2022/11/24

ISBN:9784754730758

販売価格: 3,960円(税込)
個数:    

 

 

 お問い合わせ

加算税は、国税通則法65条(過少申告加算税)から69条(加算税の税目)においてその原則的な取扱いが定められており、まずは一般法であるこれらの規定を確認し、次いで特別法たる個別税法の規定を確認し、それぞれの施行令や施行規則、状況に応じて取扱通達を確認する必要が生じる。
つまり、加算税の本質を把握するには、国税通則法、個別税法及び通達に定められた各々の規定を重畳的に理解することが求められ、そしてそれらの更なる補強には裁判例の確認が最も有効であるといえる。
本書は、これまでの「裁判例シリーズ」と同様に多くの裁判例を収録し、実際の裁判において示された当事者の主張や裁判所の判断を通して、法律的な視点及び実務的な視点の両面から加算税を解説している。

職業会計人や弁護士の方々から大学院や大学において租税法を学ぶ学生の方々まで幅広く活用可能な必携書。